会員ページログイン

現在地

通商課題 概要

最近のTPP11、日・EU経済連携協定 等のEPA/FTAの交渉の進捗に合わせ、日化協は、タイムリーな行政当局等への提言や声明文発信等により、わが国化学産業の意向が反映されるよう努めています。

(用語説明)

EPA: Economic Partnership Agreement(経済連携協定)

FTA: Free Trade Agreement(自由貿易協定)

FTAは、関税や非関税障壁(技術的障壁)を撤廃して貿易・投資の自由化を推進することを主目的とする協定を意味します。これに対して、EPAは、それ以外の、知的財産権、政府調達等幅広い項目も対象とする協定を意味します。

 

また、近年、世界的に、二か国間だけではなく、メガFTA(TPP, RCEPなど)も交渉中であり、むしろ主流となってきているという状況から、これらの多国間協定を意味する

RTA: Regional Trade Agreement(地域貿易協定)

という表現も使われています。