会員ページログイン

現在地

お知らせ

2018-02-14
「日化協 LRI (長期自主研究)」第6期の研究課題を募集

日本化学工業協会は、第6期「日化協 LRI (長期自主研究)」の支援対象となる研究課題を募集いたします。採択課題に対しては、1件あたり年間最大1,000万円の助成を行います。募集期間は、2月9日(金)から3月2日(金)までです。今期は、研究内容がより世の中のニーズを反映し、その成果が社会に貢献できるように、募集する研究課題の範囲を予め明記する5つの指定テーマを選定し、提案依頼書 (Rfp (Request For Proposal) )として募集を行います。

Rfp の背景、詳細な内容は、以下のウェブサイトをご覧ください。

 LRI ウェブサイト (http://www.j-lri.org/)

2017-11-07
「2017年度化学品管理のためのQSAR/in silicoセミナー(基礎編)」を開催しました。

「2017年度化学品管理のためのQSAR/in silicoセミナー(基礎編)」を開催しました。

 

日化協では、2017年11月1日(水)に、日化協会議室において、「2017年度化学品管理のためのQSAR/in silicoセミナー(基礎編)」を開催しました。このセミナーは、QSAR(定量的構造活性相関)をはじめとするin silico評価(コンピュータによるシミュレーション技術及び既存の情報並びに暗黙知を活用するコンピュータによる毒性予測や計算化学を含む広範囲な評価手法)の化学業界での普及・活用を推進することを目的に定期的に開催しています。今回、51名の参加があり、活発な質疑応答が行われ、関心の高さが伺われました。

2017-08-28
2016年度 『改正安衛法対応リスクアセスメントセミナー』 開催報告

日化協では、化学物質の管理に従事している責任者、担当者を対象として「改正安衛法対応 リスクアセスメントセミナー」を全国各地で開催しました。2016年6月に施行された改正安衛法は、640の特定の化学物質(その後663物質)を使用する全ての事業者に作業者リスクアセスメントの実施を求めています。そのため化学物質のリスクアセスメントに詳しくない事業者からリスクアセスメントについて学びたいとの要望に応えるため、日化協の会員以外も対象とし、本セミナーを開催しました。。

2017-03-15
「GPS/JIPS 混合物リスク評価セミナー」を開催しました。

日化協では、2017年3月8日(水)に、日化協において、「GPS/JIPS 混合物リスク評価セミナー」を開催しました。このセミナーは、2016年10月に会員限定で公開した「JIPS 混合物リスク評価のためのガイダンス」の内容説明と、JCIA BIGDrでの混合物評価ツールの最新情報を提供し、会員の皆様に日化協で開発した混合物リスク評価に関する手法やツールを活用いただくためのセミナーとして企画しました。

2017-02-03
「2016年度化学物質のQSAR/in silico活用セミナー」を開催しました。

日化協では、2017年1月30日(月)に、日化協会議室において、「2016年度化学物質のQSAR/in silico活用セミナー」を開催しました。このセミナーは、QSAR(定量的構造活性相関)をはじめとするin silico評価(コンピューターによるシュミレーション技術および既存の情報並びに暗黙知を活用するコンピューターによる毒性予測や計算化学を含む広範囲な評価手法)の化学業界での普及・活用を推進することを目的に定期的に開催しています。今回、約70名の参加があり、関心の高さが伺われるとともに、活発な質疑応答が行われました。

2016-03-22
「2015年度化学物質のQSAR/in silico活用セミナー」を開催しました。

日化協では、2016年3月17日(木)に、ベルサール東京日本橋において、「2015年度化学物質のQSAR/in silico活用セミナー」を開催しました。このセミナーは、QSAR(定量的構造活性相関)活用に向けての日化協の取り組みの中で、化学業界でのQSARの普及・活用を推進することを目的に定期的に開催しています。今回、約70名の参加があり、関心の高さが伺われるとともに、活発な質疑応答が行われました。

2016-02-22
「GPS/JIPS混合物リスク評価セミナー」を開催しました。

日化協では、2016年2月18日(木)に、日化協において、「GPS/JIPS混合物リスク評価セミナー」を開催しました。このセミナーは、昨年10月に会員限定で公開した「JIPS混合物リスク評価のためのガイダンス」の内容説明と、JCIA BIGDrでの混合物評価ツールの最新情報を提供し、会員の皆様に日化協で開発した混合物リスク評価に関する手法やツールを活用いただくためのセミナーとして企画しました。今回、約70名の参加があり、活発な質疑応答が行われました。

2015-12-17
第28回 日本動物実験代替法学会 日化協LRIシンポジウムを開催しました

12月10~12日に横浜にて開催された第28回日本動物実験代替法学会にて、日化協LRIシンポジウムを開催しました。
シンポジウムの模様は、こちらからどうぞ。

http://j-lri.org/contents/code/002-5_2#20151210

2015-10-14
「2015年度化学品管理のためのQSARセミナー(基礎編)」を開催しました。

日化協では、2015年10月9日(金)に、日化協において、「2015年度化学品管理のためのQSARセミナー(基礎編)」を開催しました。このセミナーは、QSAR(定量的構造活性相関)活用に向けての日化協の取り組みの中で、化学業界でのQSARの普及・活用を推進することを目的に定期的に開催しています。今回、74名の参加があり、活発な質疑応答が行われました。

2015-09-04
2015年 LRI研究報告会開催しました。

日化協が取り組む化学物質の人の健康や環境に及ぼす影響に関する研究支援活動:LRI(Long-range Research Initiative:長期自主研究)は、化学物質管理を巡る近年の国際動向を踏まえ、化学産業が抱える喫緊の課題や社会のニーズに沿ったテーマに、毎年この時期に定例の研究報告会を開催しています。
今回は、2015年8月28日(金)にベルサール神田にて開催、約200名の参加者があり、活発な議論が行われました。
その模様は、コチラに掲載しています。

 

2015-07-01
第1回 日化協 LRI 賞表彰式を行いました。

「日化協 LRI賞」の記念すべき第1回目の受賞者が、国立医薬品食品衛生研究所の北嶋聡先生に決定しました。受賞テーマは、化学物質の有害性評価の迅速化、定量化、高精度化に関する研究、です。表彰式の様子はコチラをご覧ください。

2015-04-22
欧州化学品庁(ECHA)のダンセット長官が日化協を訪問


 去る4月1日(金)、欧州化学品庁(ECHA)のダンセット長官、同国際関係担当官のメケレ博士が来協し、日本の産業界との情報交換会が日化協で開かれました。

 ダンセット長官は主要国との意見交換や情報提供、規制協力の具体化に向けての協議のために来日。会議では、日化協より日本の化学産業の最新動向や欧州規制への対応状況を説明したほか、製品含有化学物質に対する新しい情報伝達スキームについて紹介。ダンセット長官は、日本の化学産業界の欧州への対応状況について高く評価し、また新情報伝達スキームについても深い関心を示されました。一方、ダンセット長官からはECHAの最新動向を紹介。今後も日本との協力関係を強化していくことを固く約束し、閉会しました。

 

 

-会議の詳細につきましては、会員専用サイトからご覧いただけます。