会員ページログイン

現在地

欧州化学品庁(ECHA)のダンセット長官が日化協を訪問


 去る4月1日(金)、欧州化学品庁(ECHA)のダンセット長官、同国際関係担当官のメケレ博士が来協し、日本の産業界との情報交換会が日化協で開かれました。

 ダンセット長官は主要国との意見交換や情報提供、規制協力の具体化に向けての協議のために来日。会議では、日化協より日本の化学産業の最新動向や欧州規制への対応状況を説明したほか、製品含有化学物質に対する新しい情報伝達スキームについて紹介。ダンセット長官は、日本の化学産業界の欧州への対応状況について高く評価し、また新情報伝達スキームについても深い関心を示されました。一方、ダンセット長官からはECHAの最新動向を紹介。今後も日本との協力関係を強化していくことを固く約束し、閉会しました。

 

 

-会議の詳細につきましては、会員専用サイトからご覧いただけます。