本文へジャンプ 

現在地

行事・お知らせ

行事・お知らせ一覧

2012/11/28
日化協が出展「エコプロダクツ2012」2012年12月13日-15日

一般社団法人日本化学工業協会(日化協)は、12月13日から東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2012」にブース出展します。
ブースでは、化学製品のエコへの貢献、地球温暖化への取り組みのほか、日本における化学産業のアクティビティーについてもご紹介する予定です。
また、子どもを対象としたクイズラリーもあわせて行います。
多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

<エコプロダクツ2012 概要>
日 時: 2012年12月13日(木)、14日(金)、15日(土)
     10:00~18:00(最終日は17:00終了)
会 場: 東京ビッグサイト東展示場1~6ホール
最寄駅:国際展示場正門駅、国際展示場駅/無料バス運行
URL : http://eco-pro.com/eco2012/index.html

2012/10/24
10月20-21日「子ども化学実験ショー in 東北」ならびに10月21日「教員向けセミナー」開催報告

一般社団法人 日本化学工業協会(以下、日化協)は10月20日(土)~21日(日)の2日間、主に小学生を対象とした化学実験体験イベント『子ども化学実験ショー in 東北』をイオンモール名取(宮城県名取市)にて開催しました。また、10月21日(日)には、仙台・名取地区の小中学校・高等学校の教員を対象としたセミナー「新しい理科カリキュラムに対応した教授法」も同会場にて開催しました。

当日の模様につきましては添付ファイルをご参照願います。




2012/10/11
10月4-6日 インド最大級の化学総合展示会「INDIA CHEM 2012」に出展

2012年10月4日から6日にかけインド・ムンバイにて、インド最大級のケミカル及びペトロケミカルの総合展示会「INDIA CHEM 2012」が開催され、日化協もブース出展で参加しました。INDIA CHEMは隔年開催で今回で7回目を迎えますが、今年は日印国交樹立60周年記念ということで、日本の展示スペースも広く、日化協含め26の企業・団体が日本から参加しました。なお、イベントの詳細につきましては、添付のレポートをご参照願います。

2012/10/05
申込受付終了:11月5日「安全保障貿易管理説明会(適格説明会)」

この説明会は定員に達したため申込受付を終了しました。

2012/09/26
RC委員会会員交流会を大分で開催しました

2012年9月14日(金)に九州地区での会員交流会を大分で開催いたしました。
大分地区や延岡地区を中心に27名の方が、会場の大分センチュリーホテルに集まり、①環境保全(産業廃棄物削減)、②保安防災(化学プラント事故への対応)、③労働安全衛生(ゼロ災への取組み)、④教育(危険に対する意識向上について)の4分科会に分かれて日頃から困っている事、成功事例などの情報交換を行いました。
詳細はRCニュース秋号(11月末発行予定)をご覧ください。

2012/08/13
9月14日 会員向け「化学品管理のためのQSARセミナー」開催のご案内

この度、OECDのQSAR Toolbox開発会議議長を務めるTerry W. Schultz博士が来日されることとなり、日化協会員の皆様向けにもご講演をしていただけることになりました。
この機会にあわせ、QSARやカテゴリーアプローチ、OECDと連携して日本で開発されたシステムなど、国際的な動向を把握していただくためのセミナーを開催いたします。
自社での化学品管理や規制当局への対応の際に役立つ情報を入手していただける恰好の場だと思いますので、ぜひ参加をご検討ください。

詳細は添付ファイルをご参照願います。

2012/08/06
8/4-5「夏休み子ども化学実験ショー」、来場者数は9,000人

 8月4日(土)、5日(日)に科学技術館(東京・竹橋)で、毎年恒例の「夏休み子ども化学実験ショー」(主催:「夢・化学-21」委員会)を開催いたしました。
当日は朝7時30分ごろから親子連れが並び始め、予約開始の9時30分には予約待ちの列が何重にもなりホールを埋め尽くすほどたくさんの方にご来場いただきました。
 なお、2日間の来場者数は次の通りです。
==================
8月4日(土): 4,000名
8月5日(日): 5,000名
★2日間合計:  9,000名
================== 
大勢の方のご来場、誠にありがとうございました。

2012/07/02
「第9回 高校化学グランドコンテスト」への協賛が決定しました

このほど、一般社団法人日本化学工業協会(以下、日化協)は、「第
9回 高校化学グランドコンテスト」への協賛を決定いたしました。

「高校化学グランドコンテスト」は、日化協が事務局となって実施している「化学人材育成プログラム」の支援対象である大阪市立大学と、読売新聞大阪本社との共同主催で2004年より開始されました。

高校生が化学に関する課題を自ら設定し、実験や調査を行い、その成果をプレゼンテーションすることによって競い合い、厳正な審査の上で優秀研究成果には文部科学大臣賞をはじめとする各賞が授与されます。

今年で第9回目を迎えますが、今では大阪市立大学・大阪府立大学、読売新聞社が主催となり、文部科学省をはじめとする30近くの府県教育委員会、首都大学東京、横浜市立大学、名古屋市立大学ならびに読売テレビなどが後援、また日本化学会や近畿化学協会、パナソニックなどが協賛して開催されています。

【高校化学グランドコンテスト 概要】
<対   象>
  高校生・工業高等専門学校生(3年生以下)。
  個人、グループ、地域問わず。

<応募作品>
  化学を基盤とした実験・調査研究に関する発表。

2012/06/04
【7/4更新】 「GPS/JIPSに関して相談可能な国内コンサルタント会社リスト」公開のお知らせ

GPS/JIPSに関して、安全性要約書の作成等に関する相談に対応していただける国内コンサルタント会社様のリストを作成いたしました。GPS/JIPS活動にご活用下さい。

2012/04/26
JIPSプロダクトスチュワードシップガイダンス第2版発行のお知らせ

一昨年初版を発行しておりましたJIPSプロダクトスチュワードシップガイダンスをリスクアセスメントガイダンスの改訂にあわせて改訂し、「JIPSプロダクトスチュワードシップガイダンス第2版」として発行しました。GPS/JIPS活動にご活用ください。

2012/04/17
巡回展示「きみたちの魔法-化学『新』発見」のご案内

昨年11月に開催した「子ども化学実験ショー」の併設展「きみたちの魔法-化学『新』発見」展で使用した展示物と、昨年12月に開催された「エコプロダクツ2011」の日化協ブースで使用したパネルを、全国7つの科学館で巡回展示します。この巡回展示は科学技術広報財団に展示物を寄贈し実現しました。地方の科学館では化学に関する展示物が少ないのですが、この展示会を機に、多くの子どもたちに化学の不思議さや面白さを感じていただき、また、化学や化学産業がいかに環境に貢献しているのか知っていただければと思います。
なお、巡回展示終了後は「きみたちの魔法-化学『新』発見」展で使用した展示物については「つくばエキスポセンター」にて常設展示される予定です。
巡回スケジュールは次の通りです。お近くに事業所や工場等がございましたら、ご案内いただけますと幸いです。

巡回スケジュール
▼終了した展示
3/24~4/8 ぐんまこどもの国児童館(群馬県太田市)