本文へジャンプ 

現在地

行事・お知らせ

行事・お知らせ一覧

2016/12/20
日化協定期セミナー『化学研究の最先端は今・・・』開催のお知らせ【終了しました】

一般社団法人日本化学工業協会では、本年3回目となる日化協定期セミナーを1月17日(火)に開催いたします。今回は、国内の第一線の研究者をお招きし、研究開発ステージの最先端にあるテーマによる『化学研究の最先端は今・・・』と題して企画いたしました。

本セミナーは幣協会会員に限定せず公開しているセミナーであり、広く会員外の皆様にも聴講いただけます。関係の皆様にもお声かけをいただき、奮ってご参加いただければ深甚です。

                        記

2016/12/20
「環境・安全に関する日本化学工業協会基本方針」を改定しました

「環境・安全に関する日本化学工業協会基本方針」はこれまで、2005年に「RC世界憲章」が制定された際に一度改定を行いました。しかし、2014年に「RC世界憲章」がこれまでの“倫理概念”を主としたものから、より具体的な“行動戦略”を主としたものに改定されたこと、また、前回の基本方針の改定から10年が経過し、社会的な環境の変化が生じるなか、健康という視点からの化学品管理の強化や社会の持続的発展への貢献の重要性をふまえたキーワードやコンセプトを盛り込むべきといった理由から、当該基本方針を見直し、12月16日に開かれた日化協理事会の承認を経て、新たに「環境・健康・安全に関する日本化学工業協会基本方針」として制定されました。

 新しい基本方針は、経営層自らが積極的に関与すること、ライフサイクル全体において環境・健康・安全を確保することをより一層推進していくことを目指しています。
 

2016/10/25
日本最大級の化学実験イベント「化学の日 子ども化学実験ショー2016」を開催しました

主に小学生とその保護者の方を対象に、化学の面白さや不思議さ、化学産業の有用性を知っていただくために開催している「子ども化学実験ショー」。今年も「化学の日」「化学週間」の関連イベントとして10 月22 日(土)~23 日(日)に開催しました。来場者数は2 日間合計で約7,300 名、会場は化学を楽しむ親子連れで終日熱気につつまれました。詳細は添付ファイルをご覧ください。

2016/10/07
『2016年 危険物輸送における安全管理講習会』 開催のご案内【終了しました】

一般社団法人日本化学工業協会は、化学製品の開発から、製造・流通・使用を経て廃棄に至る全ライフサイクルにわたって適正な環境・安全を確保することを配慮した自主管理活動である「レスポンシブル・ケア」を推進しており、危険物輸送については、「物流安全管理指針」に基づく安全管理を進めております。

  危険物輸送に関する内外の動きを踏まえ、皆様には今後とも更に危険物輸送における荷送人の役割に関し、ご理解頂きたく、例年同様下記の通り講習会を開催することと致しました。ご参加の程よろしくお願い致します。

『2016年 危険物輸送における安全管理』講習会 開催ご案内をダウンロードし、申込書を FAX してください。

●東京会場:平成28年11月15日(火曜日)12:30~17:30

発明会館

●大阪会場:平成28年11月24日(木曜日)12:30~17:30

大阪科学技術センター

 

2016/08/08
8月6日・7日、 夢・化学-21「夏休み子ども化学実験ショー2016」を開催

「夢・化学-21」委員会は、次世代を担う子どもたちとその保護者に、化学の面白さや不思議さ、化学産業の社会への貢献などについて知っていただくために毎年開催している「夏休み子ども化学実験ショー」を、8月6日(土)~7日(日)、科学技術館にて開催しました。来場者数は2日間合計で約5,000名、会場は化学を楽しむ親子連れで終日熱気につつまれました。詳細は添付ファイルをご覧ください。

2016/05/12
日化協シンポジウム2016(第二部)【終了しました】

日本化学工業協会は、6月16日(木)に、「日化協シンポジウム2016(第二部)」を開催いたします。本シンポジウムは、5月26日(木)開催の「日化協シンポジウム2016」の第二部として位置付けており、当日は午前中に[パート1]日化協技術賞の受賞者発表、及び[パート2]同レスポンシブル・ケア賞の受賞社発表を、午後には『パート3 安全シンポジウム』として、日化協安全表彰の受賞事業所による事例発表、及び安全に関するパネル・ディスカッションを行う予定です。

当該シンポジウムへのご参加は、日化協セミナー総合サイト(URL https://www.jcia-seminars.org/?mode=member&re)からお申込みいただけますので、皆様奮ってご参加ください。なお、パートごとにお申し込みが必要となりますので、複数のパートにご参加希望の方は、ご注意願います。

2016/03/31
3月26日 第6回新潟北地区レスポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

3月26日(土)新潟市の三菱ガス化学(株)新潟工場において、地域住民の方々、行政関係の方々等約70名を集め、レシポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

「レスポンシブル・ケア」をテーマとした当協会の基調講演、企業の「環境安全・地域貢献」についての取組み事例発表、工場見学等を通じて地域と化学企業が有意義な意見交換を行いました。

会場からは、対話集会の継続開催を望む声や工場の安全性に関する質問が多く、企業への関心の高さが伺えました。また、他の地域に比べ参加者数は少数でしたが、その分アットホームな雰囲気で集会が進行しました。

詳細は5月発行予定の「Responsible Care NEWS 2016 春季号(NO.81)」をご覧ください。

2016/03/31
2月27日 第10回大分地区レスポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

2月27日(土)大分県大分市の鶴崎公民館において、地域住民の方々、行政関係の方々、教育関係の方々等約190名を集め、レシポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

JXエネルギー(株)大分製油所の工場見学、「コンビナートの保安防災」をテーマとした大分県の基調講演、企業のレスポンシブル・ケア活動の取組み事例発表、パネル討論等を通じて地域と化学企業が有意義な意見交換を行いました。

会場からは、プラントの津波対策や環境保全に関する質問が多く寄せられました。また、100名以上に上る地域住民の方々が参加されるなど、コンビナートに対する関心の高さが伺えました。

なお、当日はテレビ大分が取材に入り、対話集会の様子は夕方のニュースで紹介されました。

詳細は5月発行予定の「Responsible Care NEWS 2016 春季号(NO.81)」をご覧ください。

2016/03/31
2月26日 第8回富山・高岡地区レスポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

2月26日(金)富山県高岡市の高岡商工会議所において、地域住民の方々、行政関係の方々等約120名を集め、レシポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

日本曹達(株)高岡工場の見学、企業のレスポンシブル・ケア活動の取組み事例発表、「環境保全」をテーマとした富山県の基調講演等を通じて地域と化学企業が有意義な意見交換を行いました。

会場からの質問は、プラントのエネルギーに関することや消防訓練時の想定など多岐にわたりました。また、レスポンシブル・ケアについての理解が深まったという声や企業の取組みに感心する声が多く聞かれました。

詳細は5月発行予定の「Responsible Care NEWS 2016 春季号(NO.81)」をご覧ください。

2016/03/31
2月19日 第10回岩国・大竹地区レスポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

2月19日(金)山口県岩国市内の施設において、地域住民の方々、行政関係の方々、教育関係の方々等約100名を集め、レシポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

岩国・大竹地区の化学企業の工場見学の後、「保安防災」をテーマとした企業の取組み事例発表、「大雨洪水対策」をテーマとした広島地方気象台の基調講演等を通じて地域と化学企業が有意義な意見交換を行いました。

会場からは、企業による学校への教育活動を要望する声やCO2削減対策、地震・津波対策、産業廃棄物対策への質問等、多岐にわたる発言が寄せられ、活発な議論が展開されました。

詳細は5月発行予定の「Responsible Care NEWS 2016 春季号(NO.81)」をご覧ください。

2016/03/29
2月4日 第10回堺・泉北地区レスポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

2月4日(木)大阪府堺市のライオン(株)大阪工場において、地域住民の方々、行政関係の方々等約90名を集め、レシポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

「環境保全・安全・保安防災」をテーマに、堺市の基調講演、企業の取組み事例発表、工場見学等を通じて地域と化学企業が有意義な意見交換を行いました。

会場からは、自治会会合への企業の参加を促す声が多く寄せられ、地域住民の方々が企業とのより密接なコミュニケーションを望まれていることが伺えました。

詳細は5月発行予定の「Responsible Care NEWS 2016 春季号(NO.81)」をご覧ください。

2016/03/25
3月26日 第6回新潟北地区レスポンシブル・ケア地域対話を開催します

レスポンシブル・ケア委員会では、化学工場立地地域の住民の方々や行政、教育関係者と企業との相互理解や共存・共生を推進する活動として、企業の環境保全や保安防災の取組みについて意見交換をする地域対話を全国各地で開催しています。

【第6回新潟北地区レスポンシブル・ケア域対話 概要】

1.環境・安全に関する活動事例発表

2.事業所見学会:三菱ガス化学(株)新潟工場

3.意見交換会

2016/03/24
九州初!「子ども化学実験教室」を福岡で開催

化学の学会および日化協を含む産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2016年3月19日(土)、20日(日)の2日間にわたり、青少年に化学のおもしろさや可能性を体験いただく「子ども化学実験教室」を、福岡市立 少年科学文化会館にて開催しました。

2016/02/26
2月27日 第10回大分地区レスポンシブル・ケア地域対話を開催します

レスポンシブル・ケア委員会では、化学工場立地地域の住民の方々や行政、教育関係者と企業との相互理解や共存・共生を推進する活動として、企業の環境保全や保安防災の取組みについて意見交換をする地域対話を全国各地で開催しています。

【第10回大分地区レスポンシブル・ケア域対話 概要】

1.工場見学:JXエネルギー(株) 大分製油所

2.地域対話

    ①講演「コンビナートの保安防災対策」:大分県生活環境部消防保安室

    ②企業の活動報告:昭和電工(株)他、大分地区化学企業

    ③パネル討論

3.意見交換会

2016/02/25
2月26日 第8回富山・高岡地区レスポンシブル・ケア地域対話を開催します

レスポンシブル・ケア委員会では、化学工場立地地域の住民の方々や行政、教育関係者と企業との相互理解や共存・共生を推進する活動として、企業の環境保全や保安防災の取組みについて意見交換をする地域対話を全国各地で開催しています。

【第8回富山・高岡地区レスポンシブル・ケア域対話 概要】

1.工場見学:日本曹達(株) 高岡工場

2.地域対話

    ①講演「レスポンシブル・ケア活動について」:日本化学工業協会

    ②企業の活動報告:日本曹達(株)、東亜合成(株)、日本ゼオン(株)

    ③講演「富山県の環境保全への取組み」:富山県生活環境文化部

3.意見交換会

2016/02/17
2月19日 第10回岩国・大竹地区レスポンシブル・ケア地域対話を開催します

レスポンシブル・ケア委員会では、化学工場立地地域の住民の方々や行政、教育関係者と企業との相互理解や共存・共生を推進する活動として、企業の環境保全や保安防災の取組みについて意見交換をする地域対話を全国各地で開催しています。

【第10回岩国・大竹地区レスポンシブル・ケア域対話 概要】

1.工場見学:帝人(株) 岩国事業所・三菱レイヨン(株) 大竹事業所

2.地域対話

    ①講演「レスポンシブル・ケア活動について」:日本化学工業協会

    ②企業の活動報告:三井化学(株)、(株)ダイセル

    ③講演「経験したことのない大雨その時どうする?」:広島地方気象台

3.意見交換会

2016/02/02
2月 4日 第10回レスポンシブル・ケア堺・泉北地区地域対話を開催します

レスポンシブル・ケア委員会では、化学工場立地地域の住民の方々や行政、教育関係者と企業との相互理解や共存・共生を推進する活動として、企業の環境保全や保安防災の取組みについて意見交換をする地域対話を全国各地で開催しています。

【第10回レスポンシブル・ケア堺・泉北地区地域対話 概要】

1.報告会

  ①講演「レスポンシブル・ケア活動について」:日本化学工業協会

  ②企業の活動報告:ライオン(株)、宇部興産(株)

  ③講演「地域防災力を高める取り組み」:堺市

2.工場見学

3.意見交換会