会員ページログイン

現在地

2月19日 第10回岩国・大竹地区レスポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

2月19日(金)山口県岩国市内の施設において、地域住民の方々、行政関係の方々、教育関係の方々等約100名を集め、レシポンシブル・ケア地域対話集会を開催しました。

岩国・大竹地区の化学企業の工場見学の後、「保安防災」をテーマとした企業の取組み事例発表、「大雨洪水対策」をテーマとした広島地方気象台の基調講演等を通じて地域と化学企業が有意義な意見交換を行いました。

会場からは、企業による学校への教育活動を要望する声やCO2削減対策、地震・津波対策、産業廃棄物対策への質問等、多岐にわたる発言が寄せられ、活発な議論が展開されました。

詳細は5月発行予定の「Responsible Care NEWS 2016 春季号(NO.81)」をご覧ください。