本文へジャンプ

現在地

その他各国別

その他各国別

1. 日中

(1)日化協は、日中化学産業政策対話*に出席し、化学物質管理の国際動向及び業界の活動等を中国へ紹介しています。

  (注)「日中化学産業政策対話」は、第1回を2009年、第2回を2012年、第3回を2016年4月に開催しました。

 *主な出席者

 (日本)

 経済産業省 製造産業局 化学課

 日本化学工業協会

 (中国)

 工業・信息化部 原材料工業司 石化化工処

 中国石油・化学工業連合会 (China Petroleum and Chemical Industry Federation:CPCIF)

 

 中国石油・化学工業連合会ウェブサイトへのリンク   http://www.cpcia.org.cn/English/

 その他中国関係リンク

 ・AICM(国際化学品製造者協会)     http://www.aicm.cn/

 ・中国日本商会               http://cjcci.org/

 (注)中国日本商会では、毎年「中国経済と日本企業 白書」を取りまとめています。次のページで公開されておりますので、ご参照ください。

http://cjcci.org/cjecolist/

 

(2)日化協は石油化学工業協会(石化協)と共催で、2015年10月29日・30日に「日中化学産業会議」を初めて開催いたしました。

出席者:  

日本側  ※両協会会長・副会長・理事は全体会合のみ出席

小林 日化協会長(三菱ケミカルホールディングス)

日化協副会長:十倉社長(住友化学)、石村会長(旭硝子)、

石化協副会長:淡輪社長(三井化学)、松本副社長(出光興産)、小柴社長(JSR)

日化協・石化協理事:市川社長(昭和電工)、札場社長(ダイセル)、勝山社長(新日鉄住金化学)

日化協専務・常務理事および石化協専務理事 他 

全体会合:39名出席、分科会:35名出席

中国側

団長:趙 俊貴 CPCIF副会長兼秘書長

中国石油・化学工業規画院:白頤 副院長

Sinopec、CNPC、CNOOC、河北省滄州臨港経済技術開発区管理委員会、陝西省煤業化工集団、河南能源化工集団、和氏壁化工  他

計29名出席

 

2. 日韓

日化協は、韓国化学工業協会 (Korea Chemical Industry Council:KOCIC) との定例会議を通じて、化学品管理等の情報を交換し、交流を図っています。

2016年は、12月に名古屋において第7回会合を開催しました。会合では、日韓の化学品管理、レスポンシブル・ケアおよびプロセス安全、気候変動への対応等をそれぞれ紹介し、意見交換を行いました。今後も継続して会合を開催し、さらに理解を深めていく所存です。

韓国化学工業協会ウェブサイトへのリンク                      http://www.kocic.or.kr/eng/about_KOCIC/greetings.html

 

3. 日印

2012年には、パートナー国として、日化協は、経済産業省と共にインディア・ケム2012*をサポートしました。また、日印化学産業政策対話**に出席し、化学物質管理の国際動向及び業界の活動等をインドへ紹介しています。

*2012年10月4~6日に、ムンバイで開催。

**主な出席者

(日本)

経済産業省 製造産業局 化学課

日本化学工業協会

(インド)

化学・肥料省 化学・石油化学局

インド商工会議所連合会 (Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry:FICCI)

インド化学協会 (Indian Chemical Council:ICC)

 

インド化学協会ウェブサイトへのリンク  http://www.indianchemicalcouncil.com/

(注)2016年9月1日~3日には、ムンバイにおいてインディア・ケム2016が開催されました。詳細は、次のウェブページ(http://www.indiachem.in/index.php)をご参照ください。なお、インディア・ケムは、2年ごとに開催されています。