本文へジャンプ

現在地

レスポンシブル・ケア検証センター

1. 組織の概要
1) 検証センターは、検証センターの業務を統括管理するセンター長、検証業務を実行する検証員、事務処理を担当する事務局より構成されています。
2) 検証業務の透明性と公平性を確保する為、検証センターの業務を監視する検証評議会を設置しています。
3) 検証評議会は、学識経験者、化学及びそれ以外の産業界の代表、その他の利害関係者で構成され、検証センターの業務について助言を行います。
2. 業務内容
1) 活動の検証
  受審企業が実施したレスポンシブル・ケア活動の内容が、レスポンシブル・ケアコードを基準して、どの程度のレベルであるかを定量的に評価し、評価結果を意見書並びに報告書として受審企業に提供しています。意見書並びに報告書には、評価点とともに活動の改善に役立つ助言、コメントが記載されています。
2) 報告書の検証
  報告書の記載内容の正確性、合理性を原稿段階で評価し、修正できる箇所は修正していただき、その後、意見書並びに議論経過を記録した報告書を受審企業に提供しています。
3) 業務のまとめ
 
  • 1.受審企業からの検証申請の受付
  • 2.検証審査の実施
  • 3.意見書、報告書の作成
  • 4.意見書の評議会議長への承認申請
  • 5.意見書、報告書の提供
  • 6.検証記録の保管
  • 7.検証員の認定事務
  • 8.検証員の研修
  • 9.その他検証に係わる事項
3. 検証の実際の流れ
1) 活動の検証
 
1. 受審企業がレスポンシブル・ケア検証受審申請書を検証センターに提出することから始まります。
2. 受審企業と検証センターの事務局で、実施日、検証員などを決め、検証料金の見積書を送付します。検証員は2名とし(1名は主任検証員)、検証の適切性の確保に努めています。
3. 実施日の2ヶ月前に、検証センターから検証の質問表を送付します。
4. 受審企業は実施日の2週間前までに、質問表に対する回答を、証拠となる書類とともに検証センターに提出していただきます。
5. 検証員は質問表の回答を精査し、必要に応じ、追加質問表を送付します。
6. 受審企業は、追加質問表への回答を実施日までに準備していただきます。
7. 検証員が企業を訪問し、検証を実施します。
8. 主任検証員は検証結果をまとめ、意見書の交付を申請します。
9. 検証センターは、所定の手続きを経て、問題がなければ、意見書並びに報告書を受審企業に交付します。
10. 活動の検証に要する期間は、質問表の送付から意見書の交付まで、約2ヵ月半です。
2) 報告書の検証
 
1. 1から2は活動の場合と同じです。実施日の2週間前までに、報告書の原稿を検証センターに提出していただきます。
2. 検証員は、実施日の1週間前までに、原稿を精査し質問表を送付します。
3. 受審企業は、必要な証拠資料を準備し、質問表に回答していただきます。
4. 検証員は本社、工場などを訪問し、書類審査に加え、現場・現物の確認を行います。
5. 検証員は必要に応じ、再度、本社、工場での審査・確認を行います。
6. 主任検証員は検証結果をまとめ、意見書の交付を申請します。
7. 検証センターは、所定の手続きを経て、問題がなければ、意見書並びに議事録を受審企業に交付します。
8. 報告書の検証に要する期間は、原稿の提出から意見書の交付まで、約4週間です。
4. 検証員名簿
 
登録№ 氏名 登録日 備考
RCV-V001 田中 康夫 平成14年3 月20日 主任
RCV-V002 福間 康之臣 平成14年3 月20日 主任
RCV-V003 白石  翼 平成14年3 月20日 主任
RCV-V004 大内  功 平成14年3 月20日 主任
RCV-V005 森田 正利 平成14年3 月20日  
RCV-V007 藤井 俊治 平成14年3 月20日 主任
RCV-V010 松尾 俊次 平成15年9 月25日 主任
RCV-V012 小高 弘光 平成16年3 月23日  
RCV-V013 福永 忠恒 平成17年3月29日 主任
RCV-V014 寺田 雄揮 平成17年3月29日  
RCV-V015 杉浦 伸夫 平成18年10月25日  
RCV-V016 半田  安 平成27年4月6日  
RCV-V017 清水 健康 平成28年4月25日  
RCV-V018 別府 眞左三 平成28年4月25日  

検証員紹介
質問項目:1)出身会社 2)職歴 3)検証における強み・心がけていることなど 4)趣味 5)その他

田中 康夫

1) 大日本インキ化学工業株式会社
2) 数年は研究に従事したこともありますが、主にプラント建設、生産、環境安全を経験し、退職前には環境安全担当役員を務めました。2002年に同社を退社し、直ぐに、RC検証センター長を拝命し、現在に至っています。1994 ~ 2001年には日化協の環境(立地環境部会の時代を含む)部会長を、2001 ~ 2004年には環境省の「化学物質と環境」円卓会議の委員を務めました。
3) 検証では、29社訪問しました。RCについては、会社にいたときのことに加え、いろいろなことを学ぶことができました。最近では、現場の巡視を依頼されることが多くなっています。この場合には、労働安全衛生、保安防災、環境保全について、今までの経験が生かせていると思っています。会社の方々に役立つ検証を心がけています。
4) 趣味の一つは旅行です。毎年1回は海外に行きたいと思っています。2005年2月、北欧にオーロラを見に行きました。デジカメで三脚を据えて、撮ったのですが、見事に写っていて、デジカメのすごさに感心しました。家庭菜園では、2坪ほどのビニールハウスでサラダ菜を育てており、この冬は、生野菜はすべて自家製でした。
5) 大阪府出身です。就職してまもなく、関東に来ましたが、未だに大阪弁が抜けていません。現在は千葉市に住んでいます。
福間 康之臣

1) 旭化成(株)
2) 1982年~1996年まで、薬品工場でプロセス開発を担当。1996年~2000年、JCIA出向、化学物質総合安全管理を担当。2000年から現在までJRCCで検証業務を担当。
3) JRCCにおける検証制度の立ち上げ経験とASEAN諸国での企業検証経験(欧米系外資企業を含む)があります。
4) 現在の趣味は、田園散歩(居住地周り)と古い秋葉系オタク(オーディオアンプからスピーカーに至るまでの自作)です。これからは、ロードレーサーでサイクリングをしようかと思っています。かっては、写真、陶芸、ブルーベリー栽培、熱帯魚飼育、ジョギングとオタク的なものに手当たり次第手を出していました。
5) 岡山県瀬戸内市に生まれ、のち岡山市、伊丹市、西宮市、吹田市、京都府左京区、川崎市、板橋区、富士市、延岡市、と現在の笠間市(通勤時間片道2~3時間)に至るまで22回転居しています。
白石 翼

1) 三井化学(株)
2) 大船の研究所からスタートし、工場( 千葉、山口)、本社( 東京) と周り研究、製造、管理業務と一通り体験しましたが、環境保安担当部署に籍をおいたことはありません。定年の4年前から日化協にお世話になり、安全管理センターで化学物質の総合安全管理に携わり、エンドクリン問題、OECDリスクリダクション、リスクコミュニケーションなど環境問題に取り組みました。
3) 定年後、暫くしてJRCCのRC検証制度の構築に携わり、2002年に制度がスタートしてから、この4年間で述べ23社の検証審査に当たりました。私は、現役時代から、製造現場、製造プラントへの関心・興味が強いので、工場にて皆さん方と意見交換できることを楽しみにしています。
4) 趣味は、スポーツ全般( 実技、観戦) ですが、現在は、ゴルフにはまり、年間50ラウンド程度、プレーしています。また、昨年は、夏に、スイス・アルプスでのハイキング、暮れにエヴェレスト眺望ヒマラヤ・トレッキングと念願の山歩きを楽しみました。なお、ボケ防止に、時々碁会所に顔を出しています。
5) 私は、生まれも育ちも東京です。本郷弥生町で生を受け新宿で育ちました。
大内 功

1) 昭和電工(株)
2) 工場勤務が長く、その中で製造に15年携わり、設備改善、収率向上および環境・安全の確保に腐心しました。他に、技術・開発、プラント建設や技術輸出(オランダ、台湾、中国)を担当しました。本社の環境安全部では、会社のRC 構築を担当し、工場、関連会社の環境・安全の支援と共に査察・RC監査を定期的に実施しました。8年前に、(株)損保ジャパン・リスクマネジメントに転職し、企業の環境や土壌評価のコンサルタント業務に従事しています。
3) RC検証に関しては、RC立ち上げから日化協のWGに関与し、化学会社の環境・安全のレベルアップ、共有化をモットーに勉強させていただいており、検証員としての訪問会社は14社になります。また、10数年来、環境問題をライフワークとし、日本セキュリティ・マネジメント学会の理事、環境マネジメント研究会幹事を担当しています。
4) 趣味は農業、20年間、家庭ごみは全てコンポスト化しています。小田原・国府津では、農業ボランティアとして、みかん山、竹林、休耕地を訪れ、休日は忙しく過ごしています。好きな温泉、歴史散策、囲碁(自称3段)の時間はなかなか取れないのが現状です。
5) 仙台市。学生時代まで仙台を離れたことがなく、以降、勤務地は川崎、東京で、鎌倉に在住して24年、通勤時間は1時間30分、満員電車には慣れっことなりました。
森田 正利

1) 昭和電工(株)
2) 昭和37年入社後、主として3工場で有機化学製品( 酢酸・酢酸エチル) 製造オペレーターに従事したあと、昭和51年~53年大分コンビナートの環境保安部で主として労働安全を担当しました。平成元年からは、平成12年に退社するまで本社の環境保安部で労働安全衛生を担当するほか、工場及び関係会社の環境保安査察(RC活動検証)等、グループ全体の活動レベル向上業務に携わりました。また、日化協、石化協、ソーダ工業会の労働安全衛生活動の委員としても参加、日化協では「はさまれ巻き込まれ災害防止」「薬傷災害防止」指針の作成に携わりました。JRCCの検証員としては、これまで、RC活動の基本、検証技術を習得しつつ10社の検証を経験し現在に至っています。
3) 製造現場を経験し、また、工場・本社の労働安全衛生を担当し、多種多様な事故・労働災害に接してきましたので、事故・災害の怖さ、災害発生の要因、背景課題を十分認識しており、その経験が他の検証にも生かせればと思っています。
4) 趣味として特筆するものはありませんが、映画・音楽鑑賞、読書、旅行、散歩等です。
5) 京都の綾部市で生まれ、山口県の瀬戸内海の島( 笠戸島) で育ち、就職後、新潟→山口→大分→東京→神奈川と転地し、現在は神奈川県平塚市に居住しています。
藤井 俊治

1) 三菱化学株式会社
2) 石油化学の企画や工場でのプラント建設、技術改善、製造管理などを約30年経験した後、本社の環境安全を担当。2000年に退職し、(株)ダイヤリサーチマーテックにおいて、化学物質管理や石油化学に関する調査・コンサルティングを担当。2005年からJRCCのRC検証員。
3) 工場での現場経験、本社でのRC推進活動で工場や研究所のRC監査経験がRC検証に役立っています。最近はRC理念の経営への反映やRC活動のコミュニケーションに関心を持っています。
4) 山歩きが趣味で、毎月どこかに出かけています。年に1回は海外でトレッキングをを楽しんでいます。また、サッカーも好きで、スーパーエイジ(60歳以上)のチームで月に1回程度試合をしています。
5) 東京都生まれ。入社後三重県四日市に15年、茨城県鹿島に2年勤務。現在は川崎市に在住。
松尾 俊次

1) 旭化成株式会社
2) 1976年~ 1997年まで、工場の研究課や本社研究所、事業部の研究所で、ほぼ一貫して研究開発に従事。1997年~2002年JCIA(技術部)へ出向、主に国プロ(次世代科学プロセス技術開発)の運営と、化学品安全の仕事を少し担当、2002 年に退社後はJRCCで検証業務を担当、現在にいたっています。
3) 検証ではこれまで13社訪問しました。会社の方々に役立つ検証を心がけています。
4) 現在の趣味はゴルフ、園芸、囲碁、旅行、絵画鑑賞といったところです。下手の横好きでいろいろ手を出してきましたが、何一つものにはなっておりません。それでもこりずにやっています。
5) 出身は九州の宮崎県です。高校、大学は東京。旭化成に入社後は、倉敷市、富士市、境町(茨城県)、延岡市での生活を経験、現在千葉県野田市に住んでいます。
小高 弘光

1) 旭硝子(株)
2) 2000年5月に日化協へ出向、JRCC事務局にてRC報告書の作成や地域対話、消費者対話等を推進。また、安全表彰の事務局として、多くの工場、事業所へ現地審査に伺い、大いに勉強させていただきました。
3) 2005年より検証業務に携わり、報告書検証の経験が多いのですが、活動検証でも、上記の経験を活かしていきたいと思っています。
4) 趣味とは言えないかも知れませんが、種々のインターネットHPを覗いています。
5) 東京・荒川区尾久で生まれ、戦時のため、すぐに埼玉県浦和市(現さいたま市)に移り住み故郷となりました。浦和駅周辺の変貌振りには驚かされています。現在は、東京・府中市に在住です。

福永 忠恒

1) 住友化学(株)
2) 工場、事業部、研究所を経験後、環境安全部、その後物流子会社の経営を担当後、以前からの約束であったJRCC検証に2005年から参画した。環境安全担当の間、当時の通産省、環境庁、経団連等の各種委員会に参画してRCの自主的取組が如何に効果があるかJRCC各社の方々と共にRCの浸透に努力した。また、JRCCの立ち上げに当初から参画し、各社のRC担当の方々と共に化学業界への浸透とJRCCの会員企業の増強に走り回った。
3) 上記のような経験から、会員企業がRCの発祥の精神である企業倫理の更なるレベルアップとその結果であるRCのパフォーマンスの向上に努め、社会から一層、信頼と信用が得られるよう検証を通じて会員企業のRC全般のレベルアップに向けて努力して参りたいと思っています。
4) 春は桜を追いかけて、秋は紅葉を追いかけて、いずれものんびりと温泉で土地の美味しいお酒を楽しむこと。地方地方で特徴ある工夫された隠れた美味しい金賞受賞のお酒があることが徐々に解ってきました。お酒と同様、化学企業も特徴のある金賞受賞の企業が世界に飛躍することを願っています。
5) 生まれは霞ヶ浦潮来、霞ヶ浦から南の地方を転々としてその後永年生活しているところが神奈川県藤沢市。
寺田 雄揮

1) 大日本インキ化学工業(株)
2) 2004年退社まで20年余り品質管理、品質保証の業務を担当しました。RCに関しては、業務を通じての知識、独学によるものです。
3) 2005年に検証員になりまして、まだ3回の検証経験しかございませんが、「こういう見方・考え方もあるのだな!」と学ぶことが沢山あります。方針管理、環境測定、測定技術について、今までの経験が生かせると思っています。
4) 歩くことが好きで、地域の「歩こう会」に参加して13年になります。毎月コースを決めて山歩きをし、その距離数を競っております。名所旧跡を訪ね歩くことが好きで、今、住んでいる街(大阪府阪南市)にも熊野古道があります。
5) 愛媛県西条市(旧周桑郡壬生川町)出身です。石鎚山を仰ぎ、海で貝を堀り、田んぼをかけまわったり、今では、あまり見られなくなりましたが、打ち抜き水(自噴水)を飲んで少年時代を過ごしました。
杉浦 伸夫

1) JSR (株)(2006年9月定年退職) 検証員になったばかりの駆け出しですが、フレッシュな気持ちを大切にしながら検証の経験を積みたいと思っています。
2) 千葉工場次長、本社環境安全部長(日化協環境部会の部会長)、鹿島工場長が主な職歴です。製造現場の経験が長く、合成ゴムラテックス、合成ゴム、合成樹脂、モノマー抽出、光ディスク製造プラント、エマルジョン排水やメッキ廃液の処理プラントの運転・管理を経験しました。
3) 環境保全、保安防災、労働安全衛生の検証に今までの経験が生かせると考えています。
4) 趣味はスポーツ(やる、観る;サッカー、ラグビー、漕艇、各種のかけっこ)、バードウォッチングしながらの山歩き・川歩き、読書、料理つくり(単身赴任中に目覚め、肉じゃが、切干大根、ヒジキ、おからなどのお袋料理が得意)
5) 広島県三原市出身、以後京都市、大津市、四日市市、鹿島(波崎町)、甲府市、市原市、千葉市(稲毛海岸)、習志野市、鹿島(神栖市)と転居続きの渡り鳥生活を経て、習志野市に落ち着きました。
半田 安

1) 三井化学株式会社
2) 石油化学工場のエンジニアーとして化学プラントの設計、保全、機材調達、技術管理、安全管理、プラント建設、技術輸出など約30年間「物づくり」を経験しました。エチレン、ポリマー、モノマー、ボイラーなどの用役プラント、出荷設備など全てのプラントを経験することが出来ました。会社生活最後の10年間は、人材育成という「人づくり」業務に携わりました。化学プラントの運転員を育成する技術研修センターをセンター長として立ち上げ、その後シンガポール、タイ、中国など海外拠点運転員の人材育成や安全指導業務にも関わり2015年に同社を退社しました。
3) 自分の知識や経験を、次の世代に伝えたいと思い、退職の数年前から安全工学会や人材育成組織で「事故・災害防止」や「運転員の人材育成」をテーマに講演・執筆活動をしています。国内外数千件の事故事例から抽出した貴重な教訓を若い世代に伝える活動をしています。日化協では保安事故防止教材を作る活動に参加しています。最近の事故事例に学ぶDVDの製作活動にも従事しています。
「物づくり」と「人作り」での約40年の経験を生かしながら、活動していきたいと考えています。
4) 趣味の一つは旅行です。講演活動などの折に、地元の名所を見て、うまい物を食べるのが楽しみです。それから、うまい日本酒を探し味わっています。飛行機から見る景色も楽しみの一つです。同じ場所でも四季折々色々な顔を見せてくれます。
5) 神奈川県出身ですが、人生の3/4は千葉県です。現在は京葉コンビナートの近くに住んでいます。晴れた日に散歩すると富士山、東京スカイツリー、東京タワー、市原コンビナートが見え、東京湾を走る船の汽笛が時々聞こえるのどかな所に住んでいます。
清水 健康

1) 旭化成株式会社
2) 24年間、ポリエチレンや合成ゴムの製造現場で運転、建設・立上げを経験し、その後12年間、環境安全関係の業務に携わり、産業事故の収拾や対応およびRC全般に関係してきました。旭化成ケミカルズの環境安全部長を最後に定年退職し、更に5年間、旭化成グループの技術系管理職対象の環境安全教育を担当しました。またこの間、安全工学会保安力向上センター研究員として保安力評価システムの構築に携わり、完成したシステムによる評価にも関係してきました。
3) 製造における建設・立上げや大きな事故、その後の収拾を経験してきた最後の世代になりつつあるようです。その経験や知識を残しておかなければならないと思い、協会や学会で講演や共著による本の作成を行ってきました。これからは、検証時に私の経験や知識が少しでもステップアップの参考になるよう進めていきたいと考えています。
4) 無芸大食、趣味と誇れるほどのものはありません。強いて言えば、読書と海外旅行ですが、海外旅行は殆ど同行者の荷物運びといったところです。
5) 東京出身です。大学紛争で仙台に行き、入社後は川崎勤務が長く、その後は延岡、富士、東京と単身赴任で動きました。何故か行った先で事故が発生し、その事後処理に追われました。夜中の電話に直ちに受け応えできる特技だけが残っています。
別府 眞左三

1) 住友化学株式会社
2) 昭和52年入社後、愛媛工場の研究部門でプロセス開発に10年、製造部門(ウレタン原料等)で製造管理・増強起業等に8年および東京本社および愛媛工場の環境・安全部門で20年間従事しました。環境安全部門では、保安防災、環境保全、労働安全衛生、化学兵器禁止条約(CWC)、安全保障貿易管理(安貿)および監査と多岐に渡る分野を担当しました。また、日化協や石化協で、保安関係、安貿・CWC関係の委員として、「保安事故防止ガイドライン」、「 悪用防止対象化学物質の流通管理の指針」等の作成に携わりました。このほか、日化協の委員として、中災防や危険物保安技術協会等の委員会に参加し、「化学設備等におけるの非定常作業の安全」等のガイドラインの作成に携わりました。2015年6月に退社後、安全工学会保安力向上センターに転職し、研究員として保安力評価の業務に従事しています。
3) 元の会社での製造部門の経験および本社・工場の保安防災・環境保全等を担当し、やらされる側とやっていただく側の両方の経験ならびに日化協・石化協の委員会やWGでの経験を本検証に生かしたいと思っています。
4) 趣味として特筆するものはありませんが、旅行、読書等です。