本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2009-07-10
世界の化学工業界 炭素収支のライフサイクル分析結果を発表

国際化学工業協会協議会(ICCA)は、化学工業界の炭素収支のライフサイクル分析結果を発表しました。それによると化学工業により可能になる温室効果ガス排出量削減は、現在、同業界による排出量の2倍以上に相当し、 2030年までの潜在的削減量は排出量の4倍を超えるという内容です。また、温室効果ガスの世界的な対策および各国の対策には、ライフサイクル分析による施策の優先順位づけが非常に重要であることを示したことも本結果の重要な成果です。国際化学工業協会協議会(ICCA)は、化学工業界の炭素収支のライフサイクル分析結果を発表しました。それによると化学工業により可能になる温室効果ガス排出量削減は、現在、同業界による排出量の2倍以上に相当し、2030年までの潜在的削減量は排出量の4倍を超えるという内容です。また、温室効果ガスの世界的な対策および各国の対策には、ライフサイクル分析による施策の優先順位づけが非常に重要であることを示したことも本結果の重要な成果です。
日本語プレスリリース資料     <参考>英文プレスリリース資料