本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2012-11-16
「国際化学工業協会協議会(ICCA)進捗報告書」日本語版を発行

一般社団法人日本化学工業協会(会長:高橋恭平 昭和電工株式会社会長 以下、日化協)はこのほど、化学物質管理における化学業界の世界的な取組みや貢献に関する進捗状況を紹介した報告書、『国際化学工業協会協議会(ICCA) 進捗報告書』(A4版、36ページ)を翻訳・発行しました。
世界の化学業界では、「2020年までに化学品の製造と使用による人の健康や環境への悪影響を最小化する」という “ 2020年目標 ” を達成するため、化学物質管理の強化に世界全体で取組んでいます。この2020年目標達成に向けた政策的枠組みとして、2006年に開催された「第1回国際化学物質管理会議(ICCM-1)」にて「国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(SAICM)」が採択されていますが、本報告書は、ICCAが今年9月にケニア・ナイロビで開催された「第3回国際化学物質管理会議(ICCM-3)」にて発表した、SAICMに沿った化学業界の取組み等について進捗状況をまとめた報告書(Progress Report)を日本語に翻訳したものです。
本報告書では、SAICMの中心的要素に対してどのように貢献しているかを例示し、それぞれの活動について進捗状況を紹介しているほか、温室効果ガスの排出量削減や再生可能エネルギーの高効率化の推進など持続可能な社会へ向けた化学産業の貢献やICCM-4へ向けた具体的な目標も紹介しています。

◇関連キーワード
ICCM、SAICM、持続可能性、サスティナビリティ、レスポンシブルケア、LRI、GPS、リオ+20、キャパシティビルディング、プロダクトスチュワードシップ、PS、ロードマップ