本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2013-06-05
「平成25年 日化協 安全シンポジウム」を6月21日(金)に開催

一般社団法人 日本化学工業協会(会長:高橋 恭平 以下、日化協)は、6月21日(金)13時より発明会館(東京都港区)にて、『平成25年 日化協 安全シンポジウム』を開催いたします。
日化協では、化学業界における自主的な保安・安全衛生活動の推進を目的に、昭和52年(1977年)より外部有識者および産業界代表者で組織する「安全表彰会議(議長:田村 昌三/東大名誉教授)」を設け、毎年、優れた安全活動を実施し業界の模範となる事業所(工場・研究所)を表彰する「日化協安全表彰」を実施しています。併せて、安全表彰受賞事業所が実施している具体的な安全活動について事業所長が自ら報告する「安全シンポジウム」を毎年開催しています。
このほど開催する『平成25年 日化協 安全シンポジウム』では、本年度の「安全最優秀賞」受賞事業所である旭化成ケミカルズ株式会社 鈴鹿事業場、ならびに「安全優秀賞」受賞の4事業所が具体的な安全活動について事例発表を行うほか、「いかにして無災害を継続するか-トップの役割を中心として-」をテーマとしたパネルディスカッションを実施します。とくに今回は、化学工場の爆発・火災事故等の産業事故が度重なっている状況を踏まえ、保安防災体制の在り方等についても議論する予定です。日化協では、製造現場における事故や災害を撲滅するため、本シンポジウムを広く各社の“保安防災体制等について共有し参考とする機会”と位置付け、業界の健全な発展をめざしてまいります。