本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2016-12-16
次世代人材育成に向けた大学院 3専攻への追加支援を決定
一般社団法人 日本化学工業協会(以下「日化協」)は、このたび、「化学人材育成プログラム」(以下「本プログラム」)において第7回支援対象選定審査を実施し、これまでの26専攻に加え、新たに次の3専攻に対し、支援を行うことを決定いたしました。(2018年度より支援開始) 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系、大阪大学大学院 理学研究科 化学専攻、九州大学大学院 理学府 化学専攻 詳細は添付の資料をご覧ください。
2016-12-16
「事故事例に学ぶDVD第4巻」を刊行
一般社団法人 日本化学工業協会(以下「日化協」)は、このたび、保安事故防止ガイドラインの教育用資料「事故事例に学ぶDVD第4巻」を刊行する運びとなりましたので、お知らせいたします。 当教材の配布により、化学業界全体の保安力や労働安全衛生活動のレベルアップをめざします。  ※詳細は添付の資料をご覧ください。なお、教材のお申込みを希望される方は、添付の申込書をご利用ください。  
2016-10-31
「日化協 LRI (長期自主研究)」、第5期の研究課題を募集
日本化学工業協会は、第5期「日化協 LRI (長期自主研究)」の支援対象となる研究課題を募集いたします。採択課題に対しては、1件あたり年間最大1,000万円の助成を行います。募集期間は、10月28日(金)から11月18日(金)までです。今期は、従来どおりの研究5分野を対象 とした研究課題募集に加え、新たに、日化協 LRI が重要と考える具体的なテーマについて、提案依頼書(RfP=Request for Proposal)による研究募集も行ないます。
2016-10-12
化学プラントと地域住⺠が相互理解を促進する「対話集会」開催
⼀般社団法⼈⽇本化学⼯業協会は、化学⼯場⽴地地域の住⺠や⾏政、教育関係者と化学企業との相互理解や共存・共⽣を推進する活動として、企業の環境保全や保安防災の取組状況を説明する地域対話集会を、本年度も全国8 地区にて開催します。 10 ⽉14 ⽇(⾦)の四⽇市地区を⽪切りに、来年3 ⽉までの約5 か⽉間で、⼤阪、⼭⼝東、千葉、⿅島、兵庫、愛知、岡⼭の各地区で開催予定です。
2016-10-03
10⽉23⽇は「化学の⽇」⽇本最⼤級の化学イベント『化学の⽇ ⼦ども化学実験ショー 2016』⼤阪で 10⽉22⽇(⼟)・23⽇(⽇)に開催!
化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は 10月22日(土)・23日(日)の2日間、日本最大級の無料化学実験体験イベント、『化学の日 子ども化学実験ショー 2016』を京セラドーム大阪 スカイホール(大阪市西区)で開催します。 詳細は添付ファイルをご覧ください。
2016-10-03
~ 10 月23 日「化学の日」、および「化学週間」産学連携企画 ~ 各地で講演会や実験体験イベントを開催
公益社団法人 日本化学会、公益社団法人化学工学会、公益社団法人新化学技術推進協会、一般社団法人日本化学工業協会の化学4団体は、今年も「化学の日」(10月23日)、および「化学週間」(10月23日を含む月曜日~日曜日)に関連した産学連携イベントを各地で開催いたします。 詳細は添付ファイルをご覧ください。
2016-09-26
「第49 回国際化学オリンピック タイ大会」代表候補決定!
「夢・化学-21」委員会と日本化学会は、世界の高校生が化学の実力を競い合う『国際化学オリンピック』の日本代表候補生徒20 名を決定いたしました。 代表候補生徒は、今年7 月から8 月にかけて行われた『化学グランプリ2016』の参加者3,792 名のうち、高校1・2 年生、中学3 年生から選出された19 名と日本化学会支部から推薦された1 名です。今後実施する強化訓練・選抜試験を経て、最終的に4 名を日本代表生徒として選考し、来年7 月にタイで開催される『第49 回国際化学オリンピック タイ大会』へ派遣する予定です。
2016-09-20
日本動物実験代替法学会 第1回 日化協 LRI 賞 受賞者決定
一般社団法人日本化学工業協会は、日化協 LRI での研究者奨励(育成)の一環として、“化学物質が人の健康や環境に与える影響”に関する優れた研究業績をあげた研究者を表彰する「日化協 LRI 賞」を、日本毒性学会に続き、あらたに日本動物実験代替法学会にも設け、初の受賞者を次のとおり決定いたしました。
2016-08-23
「化学グランプリ2016」各賞受賞者が決定!
「夢・化学-21」委員会※と日本化学会は、8 月19 日(金)~20 日(土)の2 日間、名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市)に於いて「化学グランプリ2016」(通称:化学の甲子園、http://gp.csj.jp)の二次選考を実施し、大賞および各賞の受賞者を選出いたしました。みごと大賞を受賞したのは以下の5 名です。 大谷 直生 (オオタニ ナオキ) 灘高等学校 (兵庫県) 3年 宮田 一輝 (ミヤタ カズキ) 愛知県立岡崎高等学校 (愛知県) 3年 佐藤 弘崇 (サトウ ヒロタカ) 渋谷教育学園渋谷高等学校 (東京都) 3年 中村 雅史 (ナカムラ マサシ) 久留米大学附設高等学校 (福岡県) 2年 守田 脩究 (モリタ シュク) 岡山県立岡山朝日高等学校 (岡山県) 2年 大賞5 名のほか、16 名が金賞、19 名が銀賞、37 名が銅賞に選ばれました。各賞の受賞者につきましては、添付の参考資料をご覧ください。
2016-08-08
「日化協 アニュアルレポート2016」刊行のご案内
協会の年間の活動を簡潔に紹介した報告書『日化協 アニュアルレポート2016』を刊行しました。 詳細は添付資料をご参照ください。 なお、アニュアルレポートは下のURLからお読み頂けます。 https://www.nikkakyo.org/news42-page

ページ