本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2013-03-28
『第45回国際化学オリンピック・ロシア大会』日本代表が決定!
世界中から選ばれた高校生が集まり、化学の実力を競い合う「国際化学オリンピック」。このほど、今年7月15日(月)~24日(水)にロシアのモスクワで開催される『第45回国際化学オリンピック・ロシア大会』に出場する日本代表生徒4名と次席生徒が決まりました。
2013-03-18
「化学グランプリ2013」開幕!
「夢・化学-21」委員会と日本化学会では今年も、日本全国の中高生が化学の実力を競う“化学の甲子園”、『化学グランプリ2013』を開催します。参加費は無料で、2013 年4 月時点で高等学校3 年生以下の生徒かつ、20 歳未満の方ならどなたでも参加できます。4 月1 日(月)~6 月7 日(金)まで参加者の募集を行い、7 月15日(月・祝)に全国61 カ所の会場で一斉に一次選考を、8 月23 日(金)~24 日(土)には、一次選考を通過した約80 名による二次選考を実施します。成績上位者には各賞が授与されます。 今年で15 回目を迎える「化学グランプリ」は、世界に通用する化学者の育成や、化学の重要性や有用性を理解してもらうことを目的とした化学の実力を競うコンテストです。昨年のグランプリでは、全国から過去最高となる3,202 名の中高生が参加し、年々規模が拡大しています。一次選考は150 分の「マークシート式試験」で、基礎化学、無機化学、有機化学、物理化学の4 分野から出題します。二次選考は、1 泊2 日の合宿形式で、240分間で実験の計画、実施、結果、考察をレポートにまとめる「実験をともなう記述式試験」を実施します。今年の二次選考は、東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区)にて開催し、一次選考と二次選考の総合成績によって大賞(グランプリ)、金賞、銀賞、銅賞の各賞の受賞者を決定します。お申込みは、グランプリ公式サイト(http://gp.csj.jp/)のエントリーフォーム、または参加申込書の郵送により受け付けます。 詳細は添付資料をご覧願います。
2013-02-12
「Responsible Care NEWS 2013冬季号」発行
化学業界におけるレスポンシブル・ケア活動について会員各社をはじめ、広く一般社会にご案内する定期刊行物「Responsible Care NEWS」を発行しました。
2013-01-11
「国内および世界における化学製品のライフサイクル評価」(日化協レポート第2版)を発行
日化協はこのほど、化学製品のCO2排出削減貢献量について具体的な事例を挙げて紹介した報告書、『国内および世界における化学製品のライフサイクル評価』(日化協レポート第2版)(A4版、131頁)を発行しました。 本冊子の内容は日化協のウェブサイトで公開しています。 http://www.nikkakyo.org/upload_files/documents/121225_c-LCA.pdf
2012-12-19
第9回LCA日本フォーラム表彰 「経済産業省産業技術環境局長賞」を受賞 「CO2排出削減貢献量算定のガイドラインの策定」について記念講演
一般社団法人日本化学工業協会(会長:高橋恭平 昭和電工株式会社会長 以下、日化協)は12月14日(金)、エコプロダクツ2012会場内(東京ビックサイト)にて開催された「第9回LCA日本フォーラム表彰」(主催:LCA日本フォーラム)において『経済産業省産業技術環境局長賞』を受賞しました。また、表彰式に続いて行われた記念講演で、「CO2排出削減貢献量算定のガイドラインの策定」と題し、受賞の理由となった化学業界の取組みについて講演しました。 詳細につきましては、添付のリリースをご参照願います。 ◇関連冊子のご案内 (1)「温室効果ガス削減に向けた新たな視点-国内における化学製品のライフサイクル評価-」(2011年7月発行) http://www.nikkakyo.org/upload/3110_4537_price.pdf (2)「CO2排出削減貢献量算定のガイドライン」(2012年2月発行) http://www.nikkakyo.org/upload/3255_4801_price.pdf
2012-12-06
日化協c-LCA活動がLCA日本フォーラム表彰を受賞
一般社団法人日本化学工業協会(会長:高橋恭平 昭和電工株式会社 代表取締役会長 以下、日化協)は、我が国のライフサイクルアセスメント(LCA)に係わる産業界、学界、国公立研究機関が参画するLCA日本フォーラムより、平成24年度 第9回LCA 日本フォーラム表彰において、『経済産業省産業技術環境局長賞』を受賞することとなりました。表彰式は2012年12月14日(金)に、東京ビッグサイトにて執り行われる予定です。詳細につきましては、添付のリリースをご参照願います。 ◇関連キーワード LCA、c-LCA、日本フォーラム表彰、日化協レポート、カーボン・ライフサイクル分析、国内における化学製品のライフサイクル評価、GHG、CO2排出、ガイドライン、ライフサイクル、アセスメント、温室効果ガス
2012-12-05
「化学人材育成プログラム」支援対象に3専攻追加を決定
一般社団法人 日本化学工業協会(会長:高橋恭平 昭和電工株式会社会長 以下、日化協)はこのほど、化学産業の国際競争力や技術力の向上を推進する一環として創設した『化学人材育成プログラム』の第3回支援対象選定審査を実施し、これまでの16専攻に加えて、あらたに以下3専攻を支援対象に加え、合計19専攻とすることを決定しました。 詳細につきましては、添付のリリースをご参照願います。 ◇関連キーワード 人材育成プログラム、化学ビジョン、大学院、化学人材育成プログラム協議会、奨学金、インターンシップ、博士後期
2012-11-30
COP-18  ICCAサイドイベントのご案内
11月26日からカタール・ドーハで開催されているCOP-18(国連気候変動枠組み条約第18回締約会議)にて、ICCA(国際化学工業協会協議会)はe5(European Business Council for Sustainable Energy )とともに現地時間12月4日と7日にパネルディスカッションを実施します。詳細につきましては、添付ファイルをご参照願います。 ◇COP-18に関するICCAの取組み等については、ICCAのウェブサイトに掲載してございます。詳細は、ICCAのウェブサイトをご参照願います。 ICCA:http://www.icca-chem.org/ ◇関連キーワード UNFCCC、COP18、COP-18、エネルギー効率、c-LCA、建築分野、GHG、建築エンベロープ、気候変動、建築資材、ロードマップ、シェールガス、再生可能エネルギー
2012-11-26
日加FTAに関する日本化学工業協会・カナダ化学工業協会共同声明
一般社団法人 日本化学工業協会(会長:高橋恭平)は、カナダ化学工業協会(会長:Michael Oxley)と共同で、現在、日本とカナダの間で進められているFTA(自由貿易協定)交渉について、同協定の締結を支持する声明を発表いたしました。声明の内容につきましては、添付の資料をご覧ください。

ページ