本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2007-05-23
第39回 日化協 技術賞の選定の件
日化協はこのほど、第39回日化協技術賞を決定しました。技術賞(総合賞)はアステラス製薬の「過活動膀胱(OAB)治療剤ソリフェナシンの研究開発と企業化」が選定されました。技術特別賞は日立化成工業、環境技術賞は宇部興産・荏原製作所(共同開発)が選ばれました。
2007-05-23
第31回日化協・JRCC 安全賞の選定について
日化協とJRCCはこのほど第31回安全表彰の事業所を選定しました。安全賞には三井化学の市原工場、安全努力賞には旭化成ケミカルズの川崎製造所千葉工場、旭化成メタルズの友部工場、昭和電工の研究開発センター(土気)、チッソ石油化学の五井製造所が選ばれました。
2007-05-11
高校生向けに“食”をテーマとした家庭科教材を初めて発行
日化協は高等学校向けに“食”をテーマとした家庭科用教材『知っておきたい食べ物の話クイズと写真とイラストで知る食生活の科学と文化』(B5判52㌻)を発行いたしました。
2007-04-27
化学工業日報 記事 「日化協も提言 ポスト京都、省エネ努力反映した目標を」
日化協は4月26日に地球温暖化対策への取組みと京都議定書後の国際枠組構築について」と題する主張を発表し、主要排出国の枠組み参加や省エネ努力の反映を要望。 http://www.nikkakyo.org/upload/2026_2463.pdf
2007-04-26
地球温暖化対策への取組みと京都議定書後の国際枠組構築について
化学産業は、地球温暖化対策として、2010年を目標年度とする自主行動計画を推進中ですが、同時に、京都議定書約束期間(2008-2012年)以降の 枠組について、日化協技術委員会で意見の集約を行ってきました。 このたび、日化協としての意見がまとまりましたので、公表いたします。
2007-04-25
レスポンシブル・ケア賞を創設、第一回受賞者を決定
日本レスポンシブル・ケア協議会は、レスポンシブル・ケア活動の活性化と、レスポンシブル・ケア活動に携わる人のさらなる意欲の向上のために、レスポンシブル・ケア賞を創設。第一回の受賞者、5社9名を表彰することを決定しました。
2007-04-24
パンフ「記念日の化学」刊行
日化協は、このたび化学の啓発小冊子「記念日の化学」を刊行しました。記念日にまつわる化学の話を12話、化学製品PL相談センターがまとめたものです。ご希望の方には無料(送料は実費)で配布します。
2007-04-23
化学の甲子園「全国高校化学グランプリ2007」の参加者募集
日本化学工業協会は、全国高校化学グランプリの開催を支援しています。今年度は7月16日に一次試験、8月18・19日に二次試験を実施します。高校生の方々は奮ってご参加ください。募集期間は6月22日までです。
2007-04-06
JCLAが新たな試験所に対しISOに基づく試験所認定の登録を決定
JCLA(日本化学試験所認定機構)は、東京都水道局・多摩水道改革推進本部調整部(多摩水質試験室)ならびにイワタボルト技術開発課IBラボ、青森県薬 剤師会衛生検査センターに対するISO/IEC17025に基づく認定審査を終了し、試験所認定の登録を決定いたしました。
2007-04-03
国際化学オリンピック モスクワ大会代表が決定
日本化学工業協会は、「夢・化学-21」委員会の一員として国際化学オリンピックへの代表派遣活動を行っていますが、このたび本年7月に開催されるモスクワ大会の代表高校生4名が決定しました。 http://icho.csj.jp/

ページ