本文へジャンプ 

現在地

プレスリリース

リリースと関連記事

2013-11-22
地球温暖化対策税に関する意見
日本経済団体連合会、日本商工会議所、および製造業団体から「地球温暖化対策税の使途拡大等に反対する」共同意見が発表された。一般社団法人 日本化学工業協会(以下、日化協)は本共同意見に賛同するとともに、当協会の主張を以下に記す。 地球温暖化対策税は、平成24年度税制改正大綱で決定され、同年10月から第1回目の課税が開始された。さらに、来年4月には第2回目の税率引き上げが予定されている。 日本の製造業にとって、最近の化石燃料依存度上昇によるエネルギーコストの増大は大きな負担となっており、国際競争力の足かせとなっているばかりか国内空洞化を加速する懸念がある。 日化協は、エネルギーコストのさらなる増大をもたらす地球温暖化対策税に対し、当初から導入反対を主張してきた。来年4月の税率引き上げは少なくとも凍結すべきであり、さらには廃止も含めた抜本的見直しを要求している。 この中で、現在、地球温暖化対策税の使途として、エネルギー対策のみではなく森林吸収源対策への用途拡大が議論されているが、このような議論が進むことに対し、強く反対する。
2013-11-22
地球温暖化対策税の使途拡大等に反対する
日化協は11月22日、日本経済団体連合会、日本商工会議所、および製造業団体とともに「地球温暖化対策税の使途拡大等に反対する」共同意見を発表しました。
2013-11-13
日EU・FTAに関する日化協・Cefic共同声明
欧州化学工業連盟 (Cefic) 及び日本化学工業協会 (日化協) は、欧州連合 (EU) と日本の間で、大胆かつ包括的な貿易協定が締結されることを継続的に支持しています。 Ceficと日化協は2012年6月15日、関税障壁・非関税障壁、規制に関する連携、知的財産権、原産地規則などに焦点を当て、日EU・自由貿易協定(FTA)の締結を強く支持する共同声明を発表しました。 2013年3月、EUと日本の政府はFTAに関する交渉を開始することを決定し、これまで3回にわたり交渉が行なわれました。さらには、11月19日には日EU首脳会談が予定されています。 Ceficと日化協は、FTA交渉のさらなる迅速化および早期決着を強く要請するとともに、日EU・FTA締結を強く支持することを改めて表明します。Ceficと日化協は両政府に対し、特に、対話を進展させようという明確な態度表明および関連する国内改革の実施を強く要請します。また、困難なテーマの交渉においては、中身の薄い妥協点を探るのではなく、むしろ、大胆な合意に到達することを目指すべきと考えます。そうすることによってのみ、その合意は民間企業に対して十分な利益を与えることができると考えます。 2012年の日EU間の化学製品貿易額(医薬品を除く)は、EUから日本への輸出額で62億ユーロ、日本からEUへの輸出額で61億ユーロと、ほぼ均衡しています。EUと日本は、化学産業にとって極めて重要なパートナーであります。化学は、他の産業分野に対して原料や中間製品を安定的に供給するという産業の基盤を支える産業であるため、化学製品分野の関税障壁および非関税障壁の撤廃、規制に関する連携、知的財産権の強化、原産地規則の統一をもたらす日EU間のFTA締結は、化学産業のみならず日EU双方のすべての製造業に利益をもたらすものと確信します。
2013-11-11
課題解決型の研究活動「新LRI」、第2期の委託研究課題を決定
一般社団法人 日本化学工業協会(会長:高橋恭平/昭和電工株式会社会長 以下、日化協)はこのほど、「新LRI」(Long-range Research Initiative: 化学物質が人の健康や環境に及ぼす影響に関する研究の長期的支援活動)の第2期(2013年度)委託研究課題を決定しました。第2期では、指定課題を1件と、公募課題として応募39件の中から5件の計6件を新規採択しました。第1期からの継続課題12件とあわせ、新LRIの委託研究課題数は18件となりました。今月より順次委託研究を開始いたします。
2013-11-07
cLCA ガイドライン グローバル版 「GHG排出削減貢献に対する意欲的な取り組み」発行
一般社団法人日本化学工業協会(会長:高橋恭平 昭和電工株式会社会長 以下、日化協)は、このほど「GHG排出削減貢献に対する意欲的な取り組み」を発行いたしました。
2013-09-28
「第46 回国際化学オリンピック ベトナム大会」代表候補決定!
「夢・化学-21」委員会と日本化学会は、世界の高校生が化学の実力を競い合う『国際化学オリンピック』の日本代表候補生徒22 名を決定いたしました。 代表候補生徒は、今年7 月から8 月にかけて行われた『化学グランプリ2013』の参加者3,481 名のうち、高校1・2 年生、中学3 年生から選出された20 名と日本化学会支部から推薦された2 名です。今後実施される強化訓練・選抜試験を経て、最終的に4 名が日本代表生徒として選ばれ、来年7 月にベトナムで開催される『第46 回国際化学オリンピック ベトナム大会』に出場します。
2013-09-20
「日化協 アニュアルレポート2013」刊行
日化協アニュアルレポート2013一般社団法人日本化学工業協会(以下、日化協)ではこのほど初めて、協会の年間の活動を簡潔に紹介した報告書『日化協 アニュアルレポート2013』(A4版、28㌻)を発行しました。 化学産業は、様々な素材や技術を開発し、多くの産業に供給することを通じて社会に貢献しているだけではなく、地球環境問題の解決や化学物質の安全性の確保など持続可能な社会の構築に向け、国内外で様々な取組みを進めています。一方、化学物質の安全性に関する社会的関心が高まり、各国の規制強化などを受け、化学物質を扱う化学産業に課された使命や果たすべき役割は益々重要になってきています。このようななか日化協では、化学産業の活動の情報発信を強化し、より多くの人に日化協、ならびに化学産業の取組みを理解してもらうため、日化協の活動を体系的にまとめ、『日化協 アニュアルレポート2013』として初めて発行しました。 特集の「時代を支えてきた化学」では、化学技術の進化の歴史と化学産業が担ってきた役割を紹介、また日化協の年間活動については、「レスポンシブル・ケア」のほか「安全・環境」、「技術・人材の育成」、「社会への発信」に分け、それぞれの具体的な取組み活動について紹介しています。 また、本冊子の発行に合わせ、レポートを補完する資料として『日化協 アニュアルレポート 2013資料編』(PDFデータ版、24㌻)も作成し、日化協のウェブサイトに公開しました。従来「レスポンシブル・ケア報告書」で紹介していた化学産業(会員)の環境保全、労働安全衛生、物流安全、化学品・製品安全、マネジメントシステム、社会との対話といった実績をデータとしてまとめて報告しています。 ※本冊子の内容につきましては、協会ウェブサイトの協会について > アニュアルレポート からPDF形式、電子書籍でお読みいただけます。
2013-09-20
『保安防災・労働安全衛生活動ベストプラクティス集』刊行
保安防災・労働安全衛生活動ベストプラクティス集一般社団法人 日本化学工業協会(以下、日化協)は、このほど日化協安全表彰受賞事業所の保安防災・労働安全衛生活動に関する取組みを『保安防災・労働安全衛生活動ベストプラクティス集』(A4版、95ページ)としてとりまとめ発刊いたしました。『保安防災・労働安全衛生活動ベストプラクティス集』は、毎年開催している「安全シンポジウム」で日化協安全表彰(※受賞事業所が発表している取組み事例から好事例を集め、解説を加えた事例集です。表彰会議議長の東大名誉教授 田村先生による指導のもと、保安力を構成する安全文化、安全基盤の要素に基づき分類・整理してあります。日化協会員に配布し、情報を共有化することで、化学業界全体の保安力の向上や労働安全衛生活動のレベルアップをめざします。 ※購入は「その他刊行物」からお願い致します(環境安全部:03-3297-2568) ※日化協安全表彰: 化学業界における自主的な保安・安全衛生の推進の一環として優れた安全活動を実施し、業界の規範となる事業所を表彰。安全最優秀賞、安全優秀賞、安全優秀特別賞の3賞で構成。今年で37回を数える。
2013-09-20
『グラフでみる日本の化学工業2013』刊行
グラフでみる日本の化学工業2013一般社団法人 日本化学工業協会(以下、日化協)ではこのほど、日本の化学工業の今をグラフと表でわかりやすく紹介した年次刊行物『グラフでみる日本の化学工業2013』(A4版、28㌻)を発行しました。『グラフでみる日本の化学工業2013』は、グラフと表を用いて、日本の化学工業の出荷額や付加価値額、従業員数、研究費等を他の製造業との比較を交えながら紹介している冊子です。スッキリとしたデザインで、一目で今の日本の化学工業を知ることができます。 ※本冊子の内容につきましては、PDF形式で協会ウェブサイ「協会の主張・要望、刊行物」>「刊行物」>「グラフでみる日本の化学工業」に掲載しております。ご自由にご活用ください。
2013-09-20
「ライフサイクルアセスメント(LCA)―なぜやるの いつやるか」刊行
LCAエグゼクティブガイド一般社団法人 日本化学工業協会(以下、日化協)では、近年多くの方面から高い関心が寄せられている、環境、社会、経済に対する製品の影響について、その製品の原料採取から廃棄に至る製品のライフサイクル全体から考えるライフサイクルアセスメントについて、企業の役員、及び多くの関係者へその思想をコンパクトに紹介するエグゼクティブガイドを発行いたしました。できるだけ簡潔に、図・絵を豊富に採り入れ、LCAの構成要素、様々なLCAと関連ツールの種類及びそれらの利点と制約、LCA結果の解釈方法とコミュニケーションの方法を平易に18ページで紹介しています。LCAの実施を検討しているものの、何が必要かわからない場合は、まずこのエグゼクティブガイドをお読みください。LCAの目的、内容、基本事項を一通りご理解いただけるものと思います。   <ご参考> LCA(Life Cycle Assessment) :ライフサイクルアセスメント 原材料の採取から廃棄に至るすべての過程を通して、製品が環境に与える負荷の大きさを定量的に整理、評価する手法。負荷を与える因子には、水の消費量、累積エネルギー消費量、GHG(温室効果ガス)排出量等多くの項目がある。 cLCA(carbon Life Cycle Analysis ) : カーボンライフサイクル分析 GHG排出量のみに限定し、化学製品を使用した完成品と比較製品がそれぞれに原料採取から廃棄までのライフサイクルトータルで排出するGHGの差の分を排出削減量として算出する手法。

ページ