本文へジャンプ 

現在地

新着情報

新着情報一覧

2013-12-19
日化協特別セミナー「気候変動に対する化学産業の挑戦」開催報告

COP19が開催された機会をとらえ、気候変動に関わる主要な方々を広く国内外から招致し、平成25年12月2日(月)にセミナーを開催いたしました。
詳細は添付ファイルをご覧ください。

2013-11-01
【会員限定】国際的な化学品管理の動向:GPS/JIPS(導入編)セミナーのご案内

化学品のリスクベースでの管理の動きやその概要についてご理解いただくことを目的とした表記セミナーを四日市(11月22日)及び広島(12月13日)で開催致します。詳細は添付の案内をご覧ください。出席を希望される方は、お名前、所属部署名、役職名、電話番号、Eメールアドレス、参加希望会場名を添えて、11月15日(金)までにE-mailにて事務局までお申し込みください。尚、セミナー開催地ご近隣の事業場、工場及び関係会社様へもお声掛けいただけますと幸甚です。

 

【対象】 日化協会員企業(関係会社を含む)または会員団体に所属される方で、

     ・これから化学品のリスク評価やGPS/JIPSを実務として担当される方

     ・上記実務に従事して未だ日が浅い方

     ・実務者ではないが、職務上リスク評価やGPS/JIPSについての知識が必要な方

【費用】  無料

【日時】

    第1回(四日市) 11月22日(金) 13:00-17:00

2013-06-10
産業競争力強化等に資する税制要望書提出の件

一般社団法人 日本化学工業協会(会長:高橋恭平)は、日本鉄鋼連盟など産業界8団体と共同で、茂木経済産業大臣ならびに甘利経済再生担当大臣宛に、産業競争力強化等に資する税制要望を提出いたしました。
要望書の内容につきましては、添付の資料をご覧ください。

2013-04-04
日本化学工業協会編集書籍「化学品管理の国際動向と各国の規制」発行のお知らせ

<諸言>
2002年の持続可能な発展のための世界首脳会議(WSSD)で合意された化学物質による健康及び環境への影響を2020 年までに最小限にする目標に向け、各国政府による化学品管理に関する規制の新たな制定或いはその改訂が進められています。
日本化学工業協会では、各企業の化学品(化学物質)の管理者・担当者が行うべきことをご理解いただくための一助とすべく、関係する国の化学品規制の状況や動向の情報収集・解析を行い、その解釈や疑問点についてまとめた本書を編集しました。
ビジネスのグローバル化が進む中で各国での各企業における化学品事業をコンプライアンス上、円滑に進めるためにも本書をお役立てください。

2013-03-13
JIPSでの化学物質リスク評価を支援するための参考資料を公開しました(日化協会員向け)

JIPSで化学物質のリスク評価を実施していただく際の参考としていただくため、以下の資料をウェブに掲載しましたのでご活用ください。
1) JIPSリスクアセスメントガイダンスで紹介している、化学物質のリスク評価ツール「ECETOC TRA ver.3」の使用法に関する解説資料。
2) ECETOC TRAなどでリスク評価を行う際の入力情報の参考となる、化学物質の使用(用途)分類の資料(欧州の化学工業団体が作成したものがベース)。

資料へのリンク:
http://www.nikkakyo.org/gps-jips/materials

2013-03-06
「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業」 説明会配付資料掲載のご連絡

2月28日(木)に経済産業省で行われました
「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業」
(平成24年補正予算)の説明会の配布資料を掲載いたしましので、
ご案内いたします。

2013-02-13
自家発電設備導入緊急対策補助金の2次公募について(経済産業省からのお知らせ)

平成24年度の自家発導入補助金の2次公募についてご連絡いたします。
添付ファイルをご覧ください。

2012-12-28
エコプロダクツ2012に出展

2011年に引き続き、2012年も「エコプロダクツ展」に出展しました。