本文へジャンプ 

現在地

国際的な取組み

日EU・EPA大枠合意について

2017年7月14日

一般社団法人 日本化学工業協会

 

日EU・EPA大枠合意について

 

先般、日EU・EPA交渉が大枠合意に至ったことを歓迎します。

日本化学工業協会では、当初より欧州化学工業連盟(Cefic)と協働しながら日EU・EPA/FTAを支持して参りました。

化学産業は、他の産業分野に対して原料や中間製品を安定的に供給するという産業全体の基盤を支える産業であり、日本とEUにおける化学品関連の貿易額は、日EU貿易全体の約2割を占めております。

近い将来、日EU・EPAの発効に伴い、日EU間における化学製品の貿易が更に活発化するだけでなく、他産業の貿易活性化による波及効果も期待します。

今後、本協定の早期発効に向け、日本とEU両政府の積極的な取り組みをお願い致します。

以上