本文へジャンプ

現在地

国際的な取組み

APEC

1. 名称   APEC* Chemical Dialogue:APEC 化学対話
       *Asia-Pacific Economic Cooperation:アジア太平洋経済協力

2. 設立   2000年9月のAPEC貿易・投資委員会 (CTI) において、CTI傘下としての設置が合
       意された後、同年11月の閣僚会議において、設置が決定された。

3. 目的   APEC域内の化学産業における貿易円滑化、及び経済・技術協力を推進する。

4. APECウェブサイトへのリンク (化学対話のページ)
 

(注)APECの参加エコノミーは以下のとおり

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インドネシア、日本、アメリカ合衆国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、大韓民国(韓国)、チャイニーズ・タイペイ(中華民国‧台湾)、中華人民共和国(中国)、中国香港、メキシコ、パプアニューギニア、チリ、ペルー、ロシア、ベトナム(21の国・地域)

日化協はAPEC化学対話に参画し、経済産業省と協力して化学産業の通商問題、化学品管理等に
取り組んでいます。

(注)APEC化学対話につきましては、毎年加盟国・地域のうちの1国で開催されています。2016年はペルーで開催され、2017年はベトナムで開催されます。

 

※APECに関しては、日化協サイト内の次のページもご参照下さい。

トップページ » 化学製品の安全 » 国際機関 » APEC,AMEICC