私たちは化学産業界で活躍する博士を育成する大学とその学生を応援します!

★最新情報表示のため、ブラウザの更新ボタンまたは「F5」を押してください

支援事業・イベント

【支援内容】

化学人材育成プログラムは、支援対象に選定された専攻に対し、以下の支援を行います。支援期間は、支援対象に選定された翌年から6年間です。

  1. 奨学金の給付
    • 特に優れた支援対象専攻(注)から推薦された学生に対して、1名あたり月額20万円の奨学金を3年間支給します。推薦は、1専攻あたり1名/年で、3年間推薦可能です。(注)該当する専攻の名称は公表しません。
  2. 就職の支援
    • 支援専攻の博士後期課程学生を対象とした企業説明会を開催します。会員企業によるブース出展、参加学生によるポスター発表、及び懇親会開催し、学生と企業の間を取り持ちます。
  3. 大学・企業の交流促進
    • 支援専攻と会員企業との交流を深めるため、化学人材交流フォーラムを開催します。ここでは、企業、学生の他、大学教員にも参加していただき、奨学生による研究発表、企業で働く博士の活躍事例報告及び意見交換を通じて、産学の相互理解を促進します。
  4. 化学産業教育の支援
    • 化学人材育成プログラムが企画する「化学産業論講座」を大学に提供(注)しています。「化学産業論講座」は、「学問としての化学が化学産業にどのように結びついているか」をテーマに、実際に企業で活躍する講師が、化学産業の「過去」・「現在」・「未来」と、「今、何を学ぶべきか」を学生に語りかけます。(注)開講先は、講師数の制約により支援対象の一部に限定。定期的に見直し。

【イベント】

化学人材交流フォーラム

化学人材交流フォーラム

 化学人材育成プログラム支援専攻と会員企業の交流の場 として、「化学人材交流フォーラム」を毎年開催しています。本フォーラムは、支援専攻の研究内容及び学生を企業に知ってもらうと同時に、学生が企業 で活躍する博士のイメージを把握してもらうことが目的です。

学生・企業交流会

学生企業交流会

 博士人材は、グローバルに展開する研究・開発テーマの推進や新規事業のマネージャとなることが期待されます。その候補となる「化学人材育成プログラム」支援専攻の博士後期課程学生に対し、@化学産業(企業)について正しく理解してもらう、A今後の進路を考えてもらうための情報と機会を提供します。
 一方、会員企業の皆様には、支援専攻に所属する博士課程学生の人となり、研究内容を知ってもらうことで、今後の採用活動の参考にしていただきたいと思います。

化学産業論講座

化学産業論講座

 本講座は、「学問としての化学がどのように産業と結びつき、社会に貢献してきたか」を主テーマに展開します。化学企業の第一線で活躍する社員が講師を務め、化学産業の過去・現在・未来についてソリューションプロバイダーとしての視点から解説するとともに、企業が現在注力しているテーマや、自らが感じる化学産業の魅力などについて伝えます。