会員ページログイン

現在地

【大阪開催】「2018日化協RC委員会活動報告会/RC賞受賞講演会」のご案内

2018年度RC活動報告会を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。

参加ご希望の方は、添付の申し込み用紙(EXCEL)にご記入の上、メールにて返送下さい。
なお、日化協 RC委員会会員企業の皆様は、RCネットで配信しておりますメールから、お申し
込み下さい。(ご不明であれば、下記「返送先」のメールアドレスまで、資料をご請求下さい。)

申し込み締め切り:平成30713日(金)

返送先: rc_info@jcia-net.or.jp

※ 受信確認は返送いたしませんが、当日ご来場いただければ結構です。
※ この報告会/講演会はどなたでもご参加いただけます。参加費は無料です。

皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

               ‐記‐

■ 日 時: 平成30年7月23日(月) 10:00~12:30 

■ 場 所: 関電会館 エルガーデン 会議室5・6
 大阪府大阪市北区中之島3-6-16 関電ビルディング4F 
 TEL:06-6441-6800
 【場所】http://loco.yahoo.co.jp/place/g-2V8_m5PYayI/map/?utm_source=dd_spot

■ 次 第
09:30 開 場  
10:00 事務局からのご連絡  
10:05 開会挨拶        日化協 常務理事 永松茂樹                                                            

10:10 レスポンシブル・ケア(RC)賞受賞社講演       
  RC大賞       花王株式会社 SCM部門
    花王生産事業場での環境負荷低減活動
  RC審査員特別賞   旭化成株式会社 守山製造所
    地域社会との共生を目指した生物多様性保全活動

10:50 講 演
  講演題目:LCAにおける「幸せ同等の原則」  
  講 師 :工学院大学先進工学部  稲葉 敦 教授
  講演内容
    1993年にライフサイクルアセスメント(LCA)の国際標準化が始まってから20年以上たち、LCAで製品や企業の
   評価を行うことが普通のことになってきました。カーボンフットプリント(CFP)やウオーターフットプリント、
   欧州委員会の環境フットプリントなど、次々にLCAを使う新しい動きが出てきています。
    この講演では、LCAのインベントリ分析に焦点をあて、製品を比較する時の基本的な考え方である
   「幸せ同等の原則」を解説します。さらに、再生エネルギー技術の評価やプラスチックのリサイクルなどこの原則が
   使われている具体的な事例を紹介しながら、インベントリ分析の限界と将来の方向を議論します。

12:30 終 了

┏┓
┗■問合せ先 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  一般社団法人 日本化学工業協会
  レスポンシブル・ケア推進部

  〒104-0033 東京都中央区新川1-4-1

  Tel  :03-3297-2583 / Fax:03-3297-2606
  URL:http://www.nikkakyo.org/
  mail:rc_info@jcia-net.or.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━